白いコピー用紙を生かして作る「折り紙ブロック」

同じ色の折り紙で作りたい時、「折り紙セット」の中から同じ色ばかりを抜き出しても数枚にしかならず、作りたいものを断念することもありますよね。そこで、コピー用紙があれば折り紙を買う必要がなく「白の折り紙工作」ができます。おすすめの折り紙ブロック工作は、長方形の紙で三角パーツなるユニットの組み合わせで作ります。三角パーツを繋げて円にしていき数段繰り返したところでムニュっと立ち上げて立体化します。それを大きさ違いで何段か作り高く積み上げます。段の間に花飾りを添えたら見事な「カロリーゼロ!」のウェデングケーキの出来上がりです。

ブロック折り紙定番「白鳥」

長方形の白いコピー用紙だから出来る「ブロック折り紙」は、定番のスワン(白鳥)を外せませんね。入院中に作ったり、施設で作ったりとリサイクルやリハビリ効果でもよく「白鳥」ですが、かなりの根気がいるだけに出来上がりには満足度MAXです。ウェデングケーキのような単調な組み立ての他に、くちばし部分の繋げ方が違ったりカーブさせたりと、技(笑)も必要です。何百枚も使っての一つの完成品ですので、作って楽しい見て美しい作品です。

使用済みのコピー用紙でも作って楽しむブロック折り紙

白いシリーズでは、ウェデングケーキ・白鳥・うさぎなどのコピー用紙を使ってのブロック折り紙が出来ますが、使用済みの用紙もリサイクルしてブロック折り紙を作りましょう!白地に「柄」を生かして、くじゃくや竜、果物、亀や干支の縁起物など様々なアイディアと独自の組み立て法での作品作りが出来ます。資源を大いに使い、手先を使う事で脳の活性化をしながら楽しみましょう!子供からお年寄りまで出来る共通なコミュニティです。

コピー用紙には普通紙とカーボン紙があり、現在はレーザープリンターやインジェクトプリンターで使用される普通紙が主流です。