そもそもビデオカードってなに?

ビデオカードとはCPUとは別の映像を処理する専門のパーツです。別名「グラフィックボード(グラボ)」「GPU」等とも言われています。CPUやマザーボード上にも同様の映像処理機能はありますが、これは「オンボードグラフィック」「iGPU」等と言われて区別されます。このビデオカードを搭載する事によってモニター上での映像出力等を行う事が出来るようになります。デスクトップPCであればビデオカードを別の物に交換する事でより快適な映像を楽しむということもできるようになります。

なぜビデオカードを取り付けるのか?

CPU等にも映像出力する機能はあります。しかし、CPUは映像以外の処理も同時に行っています。そこでビデオカードにその作業を分担させる事でCPUの負荷が減るのです。またビデオカードは映像処理専門なのでCPUなんかよりもずっと映像処理が得意なので、滑らかな映像出力が可能になります。さらにビデオカード内には映像処理専用のメモリーを搭載しています。映像というのはかなり容量が大きなデータなので、これを別でもっているのも強みです。CPUはマザーボードに搭載されているメモリーを使う事で映像を処理しますが、このメモリーは映像処理には不向きで他の作業にも使うものなので、映像処理をCPU主体で行わせるとメモリー不足も一時的に招いてしまう事にもなります。絵描きで言えばCPUが「アマチュア」「パラパラ漫画」ならビデオカードは「アニメスタジオ」「映画」とされるほどその差は歴然としています。綺麗な映像を楽しむならビデオカードは必須といえます。

ゲームをやるのに必要とされるビデオカードは?

大抵の場合そのゲームタイトルをプレイするに必要とされるパソコンのスペックが記載されており、OS・メモリー・HDD容量そしてビデオカードの記載があります。出来れば推奨環境とされている物よりも上位機種となるビデオカードを選ぶのが良いでしょう。アップデートによって処理内容が増えてしまい、ビデオカードが対応しきれなくなる事があります。ノートPCの場合は残念ながら交換はできませんが、デスクトップPCの場合は後から交換する事が可能です。しかし、上位機種になるほどカードも大きくて消費電力も増えますので、ケースの大きさや電源容量の大きさの制約発生する事があります。もし、パソコンの購入段階でゲームをやる事を決めているのであれば、各PCショップ等から発売されているゲーミングPCや推奨PCを購入するというのがオススメです。初めからゲームをやるための大きめケースに収まっているので、パーツ交換等も簡単に出来るようになっています。

パソコンを家族で共用する際はデータの消去などのトラブルを防ぐために使用者別にアカウントを作成するなどの工夫が必要になります。